ブログアーカイブ

≪ 3月 ≫

 

 現在の開館時間は平常通りです。

 平 日:午前9時30分~午後7時

 土日祝:午前9時30分~午後5時(※印のある日が該当します)

 

<お知らせ>

  •  ◎毎月第3土日は、『安八町読書の日』として【20冊貸出】を行っています。家族で読書を
  •  お楽しみください。
  •  ◎読み聞かせの会(3月)は、中止します。

 

 システム更新により、ホームページが新しくなっていますのでご利用ください。詳細は、「図書館のホームページが便利に使いやすくなりました!」をご覧ください。

 

 ご利用頂けるサービスも限定されますので、ご注意ください。詳細は、こちらをご覧ください。

 

 ご来館の皆様には、「図書館の『新型コロナウイルス感染症』に関する取り組みについて」をご覧頂き感染症予防にご協力ください。取り組み内容は、状況の変化により変更となる可能性があります。ご了承ください。

 

難病図書フェアー(RDD 2021 in 岐阜)

 

 

 “世界希少・難治性疾患”とも言われている難病は、患者数の少なさから社会的な認知・理解は進んでいないのが現状です。

 スウェーデンで2008年から始まったRare Disease Day (世界希少・難治性疾患の日 RDD)は、より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質の向上を目指す活動で、日本でもRDDの趣旨に賛同し2010年から毎年2月末日を『世界希少・難治性疾患の日としてイベントを開催しています。

 

 NPO法人岐阜県難病団体連絡協議会では、県内の公共図書館と大学図書館に呼びかけ『難病図書フェアー』を毎年開催しています。このフェアーは、関連図書の展示を行うことで、難病について知り、考えるきっかけとなることを目的としています。

 

 今年もこのフェアーに参加し、3月7日(日)まで展示を行っています。この機会に、ぜひ手にとってみてください。

 

 

※RDD2021 in 岐阜のイベントにつきましては、RDD岐阜のHPをご覧ください。

 この「安八町地震ハザードマップ」は、地域の揺れやすさを地盤の状況とそこで起こりうる地震の両面から評価し、地震動の強さを地図上に表した「ゆれやすさマップ(最大深度分布)」と、震度分布と建物の構造、建築年次別に建物の全壊率を算出し、50mメッシュ単位で色分けし表した「地域の危険度マップ」からできています。

 ハザードマップを活用し、あらかじめ家から避難所までの経路や、非常時の連絡方法などを話し合っていただければ幸いです。

 

地震ハザードマップ(表面)

地震ハザードマップ(裏面)

 

平成20年3月作成

 

液状化危険度マップ

原子力被害想定

令和3年3月からマイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、マイナンバーカードを取得してから、事前に健康保険証として利用するための利用申込が必要となります。必要な準備・手順は下記のとおりです。

 

健康保険証として利用するための事前準備

1.マイナンバーカードを取得する(マイナンバーカードの申請方法はこちら

2.マイナンバーカードに設定した4桁の暗証番号(利用者証明用電子証明書の暗証番号)

3.マイナンバーカード読取対応のスマホ(又はPC+ICカードリーダー)

4.「マイナポータルAP」のインストール

 

健康保険証として利用するための設定手順

1.ブラウザで「マイナポータル」と検索し、マイナポータルへアクセスする

2.「健康保険証利用の申込」の「利用を申し込む」をクリックする

3.利用規約等を確認して、同意する

4.マイナンバーカードを読み取る(4桁の暗証番号が必要です)

5.申込完了

 

上記の環境があればご自身での設定が可能です。

 

安八町役場住民環境課の窓口でも申込できますので、マイナンバーカードの健康保険証利用をご検討の方はご相談ください。

 

詳細については、下記のリンク先をご覧ください。

厚生労働省ホームページ

令和2年第4回定例会

アクセスマップ

googleマップで見る

交通手段
バス

名阪近鉄バス大垣羽島線(岐阜羽島駅⇔大垣駅前)安八町役場バス停で下車

名阪近鉄バス安八穂積線(穂積駅⇔安八温泉)安八町役場バス停で下車

  • 名神高速道路安八スマートICから車で5分
  • 東海道本線大垣駅から車で15分
  • 東海道新幹線岐阜羽島駅から車で10分

図書館利用案内

 ハートピア安八図書館は、町民の皆さまの『知的情報のスーパーマーケット』を目指して資料提供に努めています。図書館の利用は無料です。お気軽にお越しください。

 

借りるとき

はじめて借りるとき

本などを借りるときには、「利用者カード」が必要です。 利用者カード申込書に名前や住所を記入して、住所確認が出来る証明書(運転免許証や保険証など)とあわせてカウンター(窓口)にお出しください。「利用者カード(有効期限5年)」を発行します。安八町に住んでいる人、通勤・通学している人のほか、 西濃地区の市町と隣接の羽島市、瑞穂市にお住まいの方も利用いただけます。

 ※利用者カードはご本人の利用に限ります。

 ※有効期限が経過した場合は住所・電話番号等を確認させていただきます。

 ※有効期限内の再発行手続きは有償となります。

 

借りるとき

借りたい本など(AV資料の場合は展示ケース)を「利用者カード」と一緒にカウンター(窓口)までお持ちください。

貸出点数は、おひとり 図書・紙芝居・雑誌あわせて10点までとAV資料(CD・ビデオ・DVD)2点までです。

 ※新聞や雑誌の最新号、郷土資料の一部など貸出できない資料もあります。

 

貸出期間

図書・紙芝居・雑誌(最新号はのぞく)・・・2週間

AV資料(CD・ビデオ・DVD) ・・・1週間

 ※貸出期限は守ってください。

 

返却日の確認は、貸出時にお渡ししたレシート、カウンター(窓口)もしくは電話でしていただくことができます。

ホームページの利用照会の画面でも返却日確認をすることができます。ただし、パスワード登録が必要です。予約・リクエストの項目をご覧ください。

PC(パソコン)版利用照会画面 

スマートフォン版利用照会画面

 

借りている本などをもう一度借りたい場合は、カウンター(窓口)までお持ちください。予約が入っていないか確認した後、借りることができます。電話やホームページからの延長はできません。

 

返す・調べる・予約するとき

返すとき

返す本などをカウンター(窓口)へお持ちください。利用者カードは必要ありません。

図書館が閉まっているときは、ブックポストにお返しください。ブックポストは、建物の南側に1箇所、北側に1箇所あります。駐車場案内図のブックポストの位置をご覧ください。駐車場案内図

 

 ※AV資料(CD・ビデオ・DVD)は 壊れやすいので、図書館が開館しているときに直接カウンター(窓口)までお返しください。

 

本を探す

図書館内検索用コンピューター(OPAC)やホームページから調べることができます。

 

ホームページ

PC(パソコン)版蔵書検索画面 

スマートフォン版蔵書検索画面 

 

読みたい本が見あたらないときには、お気軽に職員におたずねください。お探しします。

 

予約・リクエストをするとき

本が貸出中の場合は、予約ができます。(おひとり 本・紙芝居・雑誌が10点までとAV資料(CD・ビデオ・DVD)2点まで)

予約方法は、以下の通りです。

 ①図書館のカウンター(窓口)に記入済みの予約票を提出する。

 ②図書館内検索用コンピューター(OPAC) ※パスワードが必要です。

 ③当館ホームページ ※パスワードが必要です。棚にある本(貸出可能)の本も予約することができます。

 ※パスワード登録は図書館内検索用コンピューター(OPAC)、またはホームページからご自身で手続きすることができます。

 新規パスワード登録画面PC(パソコン)版 

 新規パスワード登録画面スマートフォン版

 

図書館にない本は、購入したり他の図書館から取り寄せる(相互貸借)などして、できるかぎりご希望にお応えします。(町内に在住、在勤、在学の方に限ります)

 

予約資料の準備が整いましたら連絡しますので、取置期限(1週間)内にご来館ください。連絡方法にメールを希望される場合はメールアドレスの登録をしてください。図書館内検索用コンピューター(OPAC)やホームページからも登録できます。新規パスワード登録画面、または利用照会画面の利用者情報変更画面で登録することができます。

 

予約を取り消すとき

予約した資料を取り消す方法は、以下の通りです。

 ①当館ホームページ(パソコン(PC)版、スマートフォン版) ※予約取消ボタンが表示されている場合

 ②図書館内検索用コンピューター(OPAC) ※予約取消ボタンが表示されている場合

 ③図書館のカウンター(窓口)

 ④電話

 

※予約取消ボタンが表示されていない(予約状態が“予約割当済”)場合は、③④で予約の取り消し手続きをしてください。

 

調べものをするには…

わからないことや調べたいことなどがあれば、職員におたずねください。資料探しのお手伝いをいたします。

 

その他

コピーサービス

図書館の本などを個人的に利用される場合に限り、著作権で許されている範囲内でコピーすることができます。(有料です)

コピー申込書に必要事項を記入してカウンター(窓口)までお持ちください。

 

AV資料を館内で利用するときは

CD・ビデオ・DVDは館内AVコーナー、リスニングコーナーで利用ができます。

申込書に必要事項を記入して、ご希望の資料、利用者カードもしくは身分証明書と一緒にカウンター(窓口)までお持ちください。

 

おはなし会

 第1・2・3土曜日 ・・・ 午後2時00分 (約30分程度)

 第4日曜日 ・・・ 午前10時30分

都合により変更することがあります。日程は広報や館内ポスター、ホームページ等をご覧いただくか職員におたずねください。

 

障がい者サービス

大活字本や録音CD、字幕付き映像資料(すべての映像資料が対応している訳ではありません)などを用意しております。

 ※朗読サービスや点訳サービスは現在行っておりません。

 

その他に対面読書室(ご利用の場合は事前にお問い合わせください)や拡大読書機、貸出用老眼鏡、ルーペなどもあります。筆談でのご相談にも対応いたします。

また、誰でもが利用しやすいように施設全体がユニーバサルデザインとなっています。専用駐車場や障がい者の方も利用していただける『誰でもトイレ』、エレベーター、貸出用車椅子なども用意しております。

 

ご利用時に介助が必要な場合は職員にお申し出ください。

 

本や雑誌、その他図書館の資料を破損や汚損、紛失してしまった場合

図書館の本は共有財産です。資料への書き込みや利用しながらの飲食はご遠慮ください。きれいな状態で利用できるように大切にしてください。

 

破損・汚損の場合は、直さずにそのままの状態でお持ちください。破損・汚損の状況により、弁償していただくことがあります。紛失をされた場合は、現物で弁償していただきます。

※弁償の有無や弁償方法につきましては、状況を確認して図書館から回答をします。

※DVDやビデオ等の映像資料は、著作権(図書館での貸出を許可する)料を含むため市販価格に比べて大変高額になります(市販価格の数倍)。また、市販のソフトでは弁償はできません。

 

遠隔地利用者返却サービス

岐阜県図書館で借りた図書は、当館でも返却することができます。必ず開館時間内にカウンター(窓口)までお持ちください。(ブックポストへの返却はできません)

利用していただけるのは、安八町内に在住、在勤、在学の方に限ります。利用の詳細は、岐阜県図書館のホームページをご覧ください。

 

団体貸出

町内の社会教育団体や図書館長が適当と認めた団体は、利用登録して本を借りることができます。登録申請には、団体代表者の身分を証明書する書類(免許証、保険証など)と、団体の内容が証明できる書類が必要です。詳しくは図書館にお問い合わせください。

 

資料の寄贈

資料の寄贈を受け付けています。ただし、受け入れできない資料もありますので、詳細は『資料の寄贈について』をご覧ください。

 

お願い

図書館での飲食(ガム・あめなどを含みます)・喫煙はできません。

携帯電話の使用、騒音など他の利用者への迷惑行為はご遠慮ください。

持ち込み学習は、ご遠慮ください。

ハートピア図書館では、皆様からの資料の寄贈を受け付けています。

 

集めている資料

以下の資料を積極的に幅広く集めています。

 ① 安八町について書かれた資料や町内在住や出身の方が出版された資料

 ② 治水・輪中に関係する資料

 ③ 岐阜県に関する資料

 ④ 町民が日常的に利用できる資料(出版から年数が経過していない新しいもの)

 

※①②の出版情報(自費出版を含む)をご存知の方は、図書館までお知らせください。資料収集の参考にさせていただきます。

 

寄贈をしていただけない資料

以下の資料の寄贈は、ご遠慮ください。

 ① 破損、汚損、書き込み、日焼け、虫食い、カビ、シミ、異臭がある資料

 ② 百科事典、全集、学習参考書、専門書、コミック

 ③ 廃棄目的の資料

 ④ 個人情報の記入・記載されている資料

 ⑤ 映像資料

 

寄贈をしていただける場合のお願い

寄贈いただいた資料の取り扱いは、図書館に一任していただきます。以下についてご了承ください。

 ① 資料の取り扱いに関する問い合わせにはお応えできません。

 ② 受け入れは『ハートピア安八資料選定基準』により行います。

 ③ 図書館で受け入れをしなかった資料は、リサイクル会等で活用させていただきます。

 ④ 受け入れた資料も一定期間経過後、『ハートピア安八資料廃棄基準』に従い除籍処分することがあります。

 

寄贈方法

寄贈いただける資料は、図書館開館時間内に図書館カウンターまでお持ちください。(受け取りのためにご自宅に伺うことはしておりません。)

 

ご不明な点は、図書館までお問い合わせください。

 

 

ボランティアの方によるおもちゃ病院を開催しています。

 

がん検診事業
種類 対象 日程 場所 内容 自己負担金

前立腺

がん検診

50歳以上の男性

50~75歳:7月1日~8月31日

75歳以上:8月1日~8月31日

 安八町指定医療機関

血液検査(PSA)

 500円

 肝炎

ウイルス

検診

40、45、50、55、60、65歳で町で受診歴のない方

 7月1日~7月31日

 

 血液検査(B型肝炎、C型肝炎)

無料

胃がん

大腸がん検診

40歳以上の方

9月7、8、9、14、15、16、22、27日

12月1、2日

保健センター

問診、胃部X線撮影、検便の提出(潜血反応検査)

※胃がん検診は要予約

胃がん検診は800円、大腸がん検診は500円
大腸がん検診

9月17、28日

10月20、21日

11月2日

問診、検便の提出(潜血反応検査)

肺がん

検診

令和3年

5月12、13、14、17、18、19、20日

12月12日

保健センター

問診、胸部X線撮影、喀痰検査(希望者のみ)

 

無料

(喀痰検査は500円)

結核健診 65歳以上の町内居住者 胸部X線撮影 無料

乳がん

検診

30歳以上の女性

7月12、13、14、15、20、26日

8月17、18、19日

10月12、13日

11月17、18、19日

保健センター 問診、超音波検査、マンモグラフィー(X線)検査 800円

子宮

頸がん

検診

20歳以上の女性 5月~2月

町指定医療機関(高田医院)

※要予約

問診、視診、内診、細胞診 1,700円

※対象は安八町に住民票がある方です。

※年齢は年度当初日(令和3年4月1日)の満年齢です。

※検診受診日において満70歳以上の方は、自己負担金は無料です。

※前立腺がん検診及び肝炎ウイルス検診は、特定健康診査、ぎふ・すこやか健診と同時に受診が可能です。

 

がん検診で精密検査が必要となったとき

※がん検診精密検査等医療機関は、下記のサイトより検索が可能です。

岐阜県包括的地域ケアネットワーク『はやぶさネット』

 

健診・検診への受診を控えている方へ

安八町では、換気や消毒、三密を避けるため予約制にする等、感染症対策を実施しています。

健康維持のために、検診・健診は控え過ぎず、受診しましょう。

また、受診前には体温を測定するなど、体調に問題がないことを確認し、マスクの着用、受診前後の手洗い等の感染対策をしていただくようお願い致します。

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症が気になって受診を控えている皆さまへ」

 

子宮頸がん検診助成制度のお知らせ

自分の希望する医療機関(県外可)で受診し、町からの助成を受けることができます。

 

1.対象者:安八町に住民票のある20歳以上の女性
2.助成対象:子宮頸がん検診(問診・視診・内診・細胞診のみ)

※体がん検診及び治療を伴う検診費用については対象となりません。
3.助成金額:検診費用から1,700円を控除した全額(検診日において満70歳以上の方は検診費用の全額)
4.受け方:①医療機関で、保険診療外での子宮頸がん検診であることを伝える。

保険診療外の領収書を発行してもらうよう依頼する。
②子宮頸がん検診を受診する。
③検診受診後30日以内に、保健センターへ申請する。(検診結果を確認させていただきます)

5.持ち物:子宮頸がん検診費助成金申請書兼請求書 [99KB]

領収書(子宮頸がん検診と明記または明細書)、本人の通帳、印鑑、

受診申出書兼同意書(手元にない方は保健センターにあります)、無料クーポン券(対象者に個別郵送)

6.受診・申請期間:令和3年5月6日(木)~翌年2月28日(月)

町税などの納付一覧

 

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

固定資産税

1期

(全)

   

2期

       

3期

 

4期

 

町・県民税

   

1期

(全)

 

2期

 

3期

   

4期

   

軽自動車税

(全)

                     

国民健康保険料

  1期  

2期

(全)

3期 4期 5期 6期 7期

8期

   

土地改良区費

         

(全)

           

※各納付月の末日が納期限です。(12月は25日が納期限)

※納期限が休日の場合は翌開庁日となります。

 

町税の納付場所

◆金融機関の本支店

大垣共立銀行、十六銀行、岐阜信用金庫、大垣西濃信用金庫、西美濃農業協同組合、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行(口座振替のみの取扱いとなります。)

◆安八町役場会計室

 

※安八町役場会計室での取扱いは、開庁日の8時30分~17時15分までです。

※金融機関窓口での納付時間については、各金融機関にお問い合わせください。

 

税の納付には、便利な口座振替を

 個人の町県民税(普通徴収)や固定資産税、軽自動車税および国民健康保険料は口座振替で納めることができます。

 口座振替を利用されますと、支払いの手間が省けて納め忘れの心配がありません。一度手続きをされますと、翌年以降も継続して自動振替となります。口座振替の方は、振替日の前日までに口座残高の確認をお願いします。

 ※ 注意:固定資産税を共有名義でお持ちの場合は、それぞれ申込みが必要です。

 

取扱金融機関

上記(町税の納付場所)記載の金融機関

 

口座振替のできる預貯金等の種類

普通預金、当座預金、納税準備預金

 

申込方法

口座振替依頼書に必要事項をご記入・金融機関届出印を押印のうえ提出してください。

 

提出先

・  安八町役場税務課等窓口

・  取扱金融機関

※支店によっては安八町の口座振替依頼書が備え付けていない場合があります。

事前に金融機関へお問い合わせください。

 

 

コンビニエンスストア・スマートフォンアプリでの納付について

 安八町が発行するコンビニエンスストア用納付書(バーコードが印字されているもの)は、納付書裏面に記載のある全国の主なコンビニエンスストアで納付できます。

 また、役場、金融機関、コンビニエンスストア等の窓口に直接出向かなくても、スマートフォンアプリで自宅にいながら納付することもできます。

 

コンビニエンスストアで納付

 コンビニエンスストア用の納付書(有効期限内のバーコードが印字されているもの)で納付ができます。

 

納付に際しての注意事項

 次の場合はご利用できませんので、金融機関や安八町役場会計室で納付してください。

・ 納付書1枚の金額が30万円を超える場合

・ コンビニエンスストア用バーコードが印字されていない場合

・ 納付期限(有効期限)を過ぎている場合

・ 汚れなどによりバーコードが読み取れない場合

 

スマートフォンアプリで納付

 コンビニエンスストア用納付書(有効期限内のバーコードが印字されているもの)とスマートフォン(インターネット通信が可能でバーコードが読み込めるもの)があれば納付ができます。

 

利用方法

 スマートフォンで「Pay B」、「Pay Pay」、「LINE Pay」アプリをダウンロード(無料)

  1.  ダウンロードしたアプリを起動し、氏名、生年月日、支払い方法などを登録
  2.  納付書のバーコードをスキャンし任意の暗証番号を入力
  3.  支払完了

※「Pay B」は、登録されたメールアドレスに支払い完了の明細が届きます。

 「Pay Pay」、「LINE Pay」は、利用明細で納付履歴が確認できます。

 

各アプリの詳しい利用方法については下記のホームページをご覧ください。

スマホアプリ名 URL QRコード
Pay B https://payb.jp/index.html
Pay Pay https://paypay.ne.jp/guide/
LINE Pay https://mobile.line.me/support/article/linepay-201911.html

 

 

手数料について

手数料は無料です。

 

納付・利用についての注意事項

・ コンビニエンスストア用バーコードが印字されていない場合は利用できません。

・ 納付期限(有効期限)を過ぎている場合は利用できません。

・ 汚れなどによりバーコードが読み取れない場合は利用できません。

・ 登録された金融機関口座が残高不足の場合は納付ができません。

・ 領収証書は発行されません。登録されたメールアドレスに支払い完了の明細が届きます。

・ 軽自動車税を口座振替により納付された場合、「軽自動車税納税証明書」は5月中旬に順次送付します。

・ 収納確認に2週間程かかるため、車検等ですぐに納税証明書が必要な方は、金融機関や安八町役場会計室で直接納付してください。

・ 通信にかかるパケット代は、別途利用者様負担となります。

 

 

固定資産税について

毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)に、土地、家屋、償却資産を所有している人がその固定資産の価格をもとに算定された税額をその固定資産の所在する市町村に納める税金です。

 

 土地に対する課税についてはこちらをご覧ください。

 

 家屋に対する課税についてはこちらをご覧ください。

 

 償却資産に対する課税についてはこちらをご覧ください。

 

固定資産税を納める人(納税義務者)

土地 登記簿または土地補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人
家屋 登記簿または家屋補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人
償却資産 償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

 

※所有者が賦課期日前に死亡している場合には、その土地、家屋を現に所有している人(相続人等)が納税義務者となります。

※相続人等を決定(変更)された場合は、相続人代表者指定変更届を提出してください。

 

 

税額の計算方法

課税標準額 × 税率(1.4%) = 税額

 

固定資産の価格(評価額)を決定し、その価格をもとに課税標準額を算定します。

ただし、住宅用地のように課税標準の特例措置が適用される場合や、土地についての税負担の調整措置が適用される場合は、課税標準額が価格よりも低く算定されます。

 

※免税点

安八町内において、同一人が所有する土地、家屋、償却資産の課税標準額が次の金額に満たない場合は課税されません。

土地・・・・・・30万円

家屋・・・・・・20万円

償却資産・・・150万円

 

 

 納税の方法

納付書による納付または、口座振替による納付があります。

 

納期限

第1期  4月末日

第2期  7月末日

第3期  12月25日

第4期  2月末日

 

※納期限の日が休日等の場合は、翌営業日になります。

第1期の納期にその年度の全期分を一度に納付していただくことも可能です。

 

全(前)納報奨金

◎令和2年度より固定資産税の前納報奨金制度を廃止しました

 前納報奨金制度は、地方税法の施行当初に、税収の早期確保や納税意識の向上を目的として創設されたものです。しかし、口座振替制度の普及やコンビニエンスストアでの納付などの納付方法の多様化により納税の便宜が図られてきました。また、前納報奨金制度は、資力の問題により全ての納税者が利用できないことや固定資産税以外の税目では実施していないことを踏まえ、税負担の公平化を図るために令和2年度から廃止しました。

 

◎全期前納(一括納付)は引き続き利用できます

 令和2年度以降前納報奨金は交付されませんが、引き続き全期前納(一括納付)での納付はご利用いただけます。

 

◎口座振替で期別納付に変更をご希望の方は口座振替依頼書の提出が必要です

 口座振替で全期前納を利用されている方で期別納付への変更をご希望される方は、口座振替依頼書の提出が必要です。通帳・印鑑(お届け印)を持参のうえ、役場税務課窓口または町税等取扱金融機関にて変更手続きをお願いします。

 

 

 土地・家屋価格等縦覧帳簿の縦覧

 縦覧制度とは、安八町に土地・家屋を所有する納税者が他の土地・家屋の価格と比較してご自分の資産の価格が適正かを確認していただく制度です。縦覧期間は4月1日から第1期納期限までの間で税務課にて縦覧することができます。

土地に対する評価のしくみ

 固定資産評価基準により、売買実例価格をもとに算定した正常売買価格を基礎として、地目別に定められた評価方法により評価します。

 地目とは、宅地、農地(田・畑)、鉱泉地、池沼、山林、原野及び雑種地をいいます。

 ※固定資産税の評価上の地目は、登記簿上の地目にかかわりなく、その年の1月1日(賦課期日)の現況の地目により評価します。

 

宅地の税額の求め方

 商業地等の宅地

課税標準額(価格×70%) × 税率(1.4%) = 税額

※商業地等の宅地とは、住宅用地以外の宅地や農地以外の土地のうち評価がその土地と状況が類似している宅地の評価額に比準して決定される土地のことをいいます。

 

税負担調整措置

現年度の評価額×70%と比べて、前年度の課税標準額が以下の場合は、現年度の課税標準額は次のとおりになります。

 

◎前年度の課税標準額が現年度の評価額の70%を超える場合

 →現年度の評価額×70%

◎前年度の課税標準額が60%以上70%以下の場合

 →前年度の課税標準額と同額に据え置き

◎前年度の課税標準額が現年度の評価額の60%未満の場合

 →前年度の課税標準額+現年度の評価額×5%

 

 

住宅用地

課税標準額(評価額×1/6) × 税額(1.4%) = 税額

※200㎡を超える住宅用地分は1/3となります。

 

住宅用地に対する課税標準の特例

住宅用地は、その面積の広さによって小規模住宅用地と一般住宅用地に分けて特例措置が適用されます。

 

◎小規模住宅用地 ・・・ 評価額 × 1/6

200㎡以下の住宅用地(200㎡を超える場合は、1戸あたり200㎡まで)

◎一般住宅用地 ・・・ 評価額 × 1/3

小規模住宅用地以外の住宅用地

 

住宅用地の範囲

専用住宅 → その土地の全部(ただし家屋の床面積の10倍まで)

併用住宅 → その土地の面積(ただし家屋の床面積の10倍まで)に一定の率を乗じて得た面積

家     屋 居住部分の割合 住宅用地の率
専用住宅 全部 1.0
併用住宅 1/4 以上 1/2 未満 0.5
1/2 以上 1.0
地上5階以上の耐火建築物である併用住宅 1/4 以上 1/2未満 0.5
1/2 以上 3/4未満 0.75
3 /4以上 1.0

 

税負担調整措置

以下のいずれか低い額が今年度の課税標準額になります。

◎本来の課税標準額

◎前年度課税標準額 + 本来の課税標準額 ×5%

※平成26年度から住宅用地の措置特例が廃止されました。

 

 

農地に対する課税

一般農地

一般農地とは、市街化区域農地や転用許可を受けた農地などを除いたもののことです。

 

課税標準額(前年度の課税標準額 × 負担調整率) × 税率(1.4%) = 税額

※農地(一般田、一般畑)の課税標準額 = 平方メートルあたりの単価 × 地積(㎡)

 

一般田の平方メートルあたりの単価(円)

一般畑の平方メートルあたりの単価(円)

結地区 136.9 73.5

名森地区

(大垣一宮線以北)

139.7 75.0

名森地区

(大垣一宮線以南)

138.3 73.5

牧地区

136.9 74.3

 

市街化区域農地

課税標準額(評価額 × 1/3) × 負担調整率 × 税率(1.4%) = 税額

※市街化区域農地の評価額

路線価を基準として求めた価格から造成費を控除した価格

 

税負担調整措置

負担水準の区分に応じたなだらかな税負担の調整措置が導入されています。

負担水準 負担調整率
0.9~ 1.025
0.8~0.9 1.05
0.7~0.8 1.075
~0.7 1.10

 

 

Translate »