第23回企画展 江戸時代の安八

企画展

江戸時代の安八

平成26年2月13日(木)~3月30日(日)

 

 

 慶長8年(1603年)に徳川家康が征夷大将軍となり江戸に幕府を開いてから、慶応3年(1867年)に15第将軍徳川慶喜が政権を朝廷に返上するまでの約265年間を江戸時代といいます。

 江戸時代は、将軍の政府である幕府と、将軍と主従関係にある大名の政府である藩で構成された、幕藩体制が敷かれていました。もちろん安八もこの体制の中に組み込まれており、村々の多くは尾張藩か大垣藩の領地でした。下の写真は尾張藩による課税のため、土地の広さを測る目的で記された土地台帳です。

本企画展では、江戸時代の安八がどのような情勢だったのかを、各藩の領地支配を中心にご紹介します。

 

 

濃列安八郡氷取村見取改帳

 

 

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【ハートピア安八】までお問い合わせ下さい