天文用語集

A~Z
Hα線 (エッチアルファー線) 電離した(電子を放出した)水素原子が出す赤い光
NGC(エヌジーシー) New General Catalogueの略で、イギリスのドライヤーがまとめたもの。7840個の天体が登録されている。
M(エム、メシエ天体) フランスのメシエが作った、星雲や星団のカタログ。M1~M110迄の110個の天体が登録されている。彗星探しの時に間違えやすい天体を整理し、番号を付け、どこにあるかを書いてカタログにした。
あ~お
暗黒星雲 星雲でも、光を出さないガスのかたまりのこと。普通は見えないが、光り輝く星々をバックにすると、その黒い姿が浮き出て観測される。この中から、新しい星が生まれる。
か~こ
外合 惑星が、太陽の向こう側(地球-太陽-惑星の順)にくること。太陽の強烈な光で惑星は見えず、観測には適さない。
外惑星 地球の外側(太陽より遠い軌道)を回っている惑星。
球状星団 数万から数百万個の星が、狭い範囲に球状に集まったもの。
極大 流星群の出現やその他天体現象が、その日付近で最大となること。
近日点 天体(惑星や彗星など)が、太陽の周りをまわる楕円軌道上で太陽に最も近づく地点。
合(外合に同じ) 外惑星が、地球から見て太陽と同じ方向(地球-太陽-惑星の順)にくること。太陽の強烈な光で惑星は見えず、観測には適さない。
光年 光が1年間に進む距離。約10兆km。
さ~そ
西方最大離角 地球から見て、内惑星(水星と金星)が太陽から西に一番離れた時のこと。最大離角になったときは太陽から離れるため、観測がし易くなります。
散開星団 20~300個程度の星が、狭い範囲ではあるが比較的まばらに集まったもの。
散光星雲 銀河系内で、不規則な広がりを持って光っている星雲。生まれたばかりの星が多く、星のゆりかごと言われる。
シーイング シンチレーションや筒内気流他(地面からの放射熱や、空気の透明度など・・・)の影響を受けた星像の見え方。
西矩(せいく) 外惑星が、太陽の西側90度に来ること。日の出頃に南中する。
た~と
ダークフィラメント プロミネンスは、太陽の縁にある場合はアーチ状に見えるが、それ以外の場所で見られる場合には暗い筋状に見える。この暗い筋のこと。
太陽フレア 太陽表面上にある黒点のまわりで、短時間(数分~数時間)に起こる巨大な爆発現象。
筒内気流 太陽表面上にある黒点のまわりで、短時間(数分~数時間)に起こる巨大な爆発現象。
東矩(とうく) 外惑星が太陽の東側90度に来ること。日没頃に南中する。
東方最大離角 地球から見て、内惑星(水星と金星)が太陽から東に一番離れた時のこと。最大離角になったときは太陽から離れるため、観測がし易くなります。
な~の
内合 内惑星が、太陽と地球の間に入り太陽と同じ方向(地球-惑星-太陽の順)にくること。太陽の強烈な光で惑星は見えず、観測には適さない。
内惑星 地球より太陽に近い軌道を回る惑星。水星と金星。
は~ほ
プロミネンス 太陽表面から炎が吹き出すように見える現象
フレア(太陽フレア) 太陽表面上にある黒点のまわりで、短時間(数分~数時間)に起こる巨大な爆発現象。
ま~も
メシエ天体 Mの欄参照
や~よ・ら~ろ・わ
惑星の順行と逆行が移り変わる時の現象およびその時刻。この時、惑星は一時停止して見える。
流星群 流れ星の中で、ある一点から放射状にいくつもの流星が見られるもの。
流星痕 明るい流星が流れた後に残る明るい雲のようなもの。
連星 輝く恒星2個が、互いに回りあっているもの。

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【ハートピア安八】までお問い合わせ下さい