セーフティネット保証5号(新型コロナウィルス感染症)

セーフティネット保証制度に基づく認定

この制度は、取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、災害、取引金融機関の破綻等により経営の安定に支障を生じている中小企業者について、保証限度額の別枠化等を行う制度です。

 

詳しくは中小企業庁のホームページをご覧ください 。 >>中小企業庁サイト

 

対象となる中小企業者

取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、災害、取引金融機関の破綻等により経営の安定に支障を生じている中小企業者であって、事業所の住所地を管轄する市町村長又は特別区長の認定を受けたもの。

 

産業分類番号については、総務省統計局ホームページをご参照ください。 >>総務省統計局サイト

 

受付、認定書発行について

対象となる中小企業の方は、法人の場合は登記上の住所地又は事業実体のある事業所の所在地、個人事業主の方は事業実体のある事業所の所在地の市町村(または特別区)の企画調整課の窓口に認定申請書を提出(その事実を証明する書面等があれば添付)し、認定を受け、希望の金融機関または所在地の信用保証協会に認定書を持参のうえ、保証付き融資を申し込むことが必要です。

※保証協会または金融機関による審査の結果、ご希望にそいかねる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

 

経済産業省 新型コロナウイルス感染症関連 HP

 

中小企業庁 セーフティネット保証制度 HP

 

セーフティネット保証5号の概要

 

対象

・指定地域において1年間以上継続して事業を行っていること

*業歴3か月以上1年1か月未満の事業者の方はコチラへ

・新型コロナウイルス感染症の発生に起因して、当該災害等の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して5%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して5%以上減少することが見込まれること。

 

手続きの流れ

(1)企画調整課の窓口にセーフティネット保証認定申請に必要な書類を提出し、セーフティネット保証の対象事業主としての要件を満たしているという認定を受けます。

(2)認定書発行から30日以内に、希望の金融機関または所在地の信用保証協会に認定書を持参のうえ、保証付き融資を申し込むことが必要です。

※保証協会または金融機関による審査の結果、ご希望にそいかねる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

  • ※1月29日から7月31日までに認定を取得したものは、認定書の有効期限は令和2年8月31日までとする。

 

提出書類

(1)認定申請書 1部
(2)売上高計算表 1部

*売上高等の実績が確認できる書類を添付 試算表・売上台帳など一種

(3)実在確認書類

法人:履歴事項全部証明のコピー

個人:確定申告書のコピー

*上記以外の実在確認、事業実態がわかる資料として、不動産賃貸借契約書や光熱水費の領収書、ネットショッピング等に登録された事業者概要など、複数の情報を組み合わせて確認することも可

(4)代理申請の場合は委任状

 

 

様式

中小企業信用保険法第2条第5項第5号

売上高計算表

委任状

認定手続き申請書(チェックリスト 共通)

 

 

受付、認定書発行について

  • ・申請にあたっては、記載事項と添付書類に不備がないようお願いします。
  • ・申請があってから認定までに要する日数は、書類不備がない申請をされた日から2~5日です。
  • ・申請に対する認定ができましたら、電話にて連絡させていただきます。
  • ・認定書の有効期間は、認定日を含め30日(期間終了日が土・日・祝日であっても認定日から30日)です。
  •  ※1月29日から7月31日までに認定を取得したものは、認定書の有効期限は令和2年8月31日までとする。
  • ・本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による審査があります。本認定は、信用保証協会の保証や金融機関の融資を担保するものではございません。

【参考】

岐阜県信用保証協会 HP

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【企画調整課】までお問い合わせ下さい

Translate »