第三者行為による傷病届について

第三者行為によるケガ・病気とは

・交通事故

・暴力行為を受けた

・他人の飼い犬にかまれた…など

 

「第三者行為による傷病届」の届出をしてください(※国民健康保険に加入の方)

  第三者行為によりケガや病気をしたときの治療費は、本来、加害者が負担するのが原則です。
しかし、加害者に支払い能力がない場合や、損害賠償に時間がかかってしまうときなどには、被害者救済の観点から、必要な治療費を国保が立て替えられるようになっています。この場合、国保が後日、加害者に対して費用を請求しますが(第三者行為求償事務)、その際に「第三者行為による傷病届」が必要となりますので、すみやかに住民環境課まで提出をお願いします。

 届出がない場合、加害者または加害者の加入する保険会社に対して、国保からの請求ができませんので、保険証を使って治療を受けた場合は必ず届出を行ってください。


※次の場合は保険証を使えません。

  • ・通勤中や仕事中に第三者の行為によってケガなどをした場合。
  • →労災保険が適用されます。
  • ・喧嘩、無免許運転、飲酒運転などによってケガなどをした場合。
  • →保険給付の対象となりません。

 

  • (手続きの根拠規定)
    • ・国民健康保険法第64条、国民健康保険法施行規則第32条の6

 

申請に必要なもの

第三者行為による傷病届

・交通事故証明書

・同意書・誓約書等

・国民健康保険証

・印かん(朱肉のつくもの)

・マイナンバーカード

 

申請に必要な様式は上記、もしくは岐阜県国民健康保険団体連合会のホームページ(別ウインドウで開く)(第三者行為による傷病届)よりダウンロードください。

 

注意事項

  • ・交通事故にあったときは必ず警察に連絡をして「交通事故証明書」をもらってください。
  • ・保険証を使って治療を受けたときは、示談する前に必ず届出をしてください。示談を結んでしまうと加害者が支払うべき治療費を保険者として請求できなくなり、給付ができなくなる場合があります。
  • ・すぐに届出書を提出できない場合は、早急に国保の窓口に電話連絡し、後日できるだけ早く提出してください。

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【住民環境課】までお問い合わせ下さい