風しんの流行に注意しましょう

現在、関東地方で30~50歳代の男性を中心に、風しん患者が増加しています。

妊婦が妊娠初期から中期に風しんにかかると、胎児に難聴・白内障・先天性心疾患を三大主症状とする先天性風しん症候群を発症する場合があります。

風しんは患者のくしゃみや咳などから飛沫感染をします。マスクや手洗いのほか、予防接種も有効な予防法です。

妊婦の夫や同居家族、妊娠希望者または妊娠する可能性の高い方のうち、全く接種を受けていない場合や、風しんにかかったことが明らかでない場合は、任意の予防接種を受けることをお勧めします。

なお、定期接種の対象者は、1歳以上2歳未満の幼児と年長児です。体調の良い時に早めに接種を済ませましょう。

 

詳しくは厚生労働省のホームページを参照してください。

風しんについて|厚生労働省

 

任意接種で健康被害が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく補償が受けられますが、定期接種の場合の救済とは内容が異なります。詳しくは下記を参照してください。

医薬品副作用被害救済制度

 

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【保健センター】までお問い合わせ下さい