住民監査請求制度

住民監査請求制度

住民監査請求制度とは

 住民監査請求とは、町民が町長や町の職員等による違法又は不当な公金の支出、財産の管理、契約の締結などの財務会計上の行為等があると考えたときに、監査委員に対し監査を求め、必要な措置を請求する制度です。(地方自治法第242条)

請求の対象

 住民監査請求ができるのは、安八町長や町職員等に、次に掲げる違法または不当な財務会計上の行為または怠る事実があり、町の財政に損害を与える場合です。

 ① 違法または不当な

   ・公金の支出(補助金の支出等)

   ・財産の取得、管理、処分(町有地の取得や売却等)

   ・契約の締結、履行(工事請負契約の締結等)

   ・債務その他の義務の負担(借入等)

 ② 違法または不当に

   ・公金の賦課徴収を怠る事実(町税の徴収等)

   ・財産の管理を怠る事実(町有地や町の債権の保全管理等)

 

 ・①の行為が行われたことが、相当の確実さで予測される場合を含みます。

 ・①の行為のあった日または終わった日から1年を経過したときには、正当な理由がある場合を除き、

  住民監査請求をすることができません。

請求する方法

 ・住民監査請求ができるのは、安八町内に住所を有している方です。

 ・住民監査請求書を作成し事実を証する書面を添付して、安八町役場総務課へ直接お持ちになるか郵送し

  てください。[〒503-0198 安八郡安八町氷取161番地 安八町役場総務課]

 

 安八町職員措置請求書(監査委員)

 安八町職員措置請求書(監査委員)

 監査の流れ

 ① 請求書が提出されたときは、その請求が住民監査請求として必要な要件を備えているかどうか要件審

  査を行い、受理または却下を決定して請求人に通知します。

   請求が個別外部監査を求めるものである場合は、監査請求を受理したときに監査委員が協議して個別外

  部監査を行うかどうかを決定します。(個別外部監査を行わないと決定したときは、監査委員による監査

  を行います。)

 ※ 請求書の要件審査により補正(訂正)をお願いすることがあります。

   監査請求の対象とならない事項について請求があった場合、請求人が安八町内に住所を有していない場

  合、正当な理由がなく当該行為があった日から1年を経過している場合、補正に応じていただけない場合

  等にあっては、請求は受理できない場合があります。

   なお、このような場合は「却下」されることになります。

 

 ② 監査請求を受理したときは、請求人から監査委員(個別外部監査を行う場合は個別外部監査人)に請求

  の要旨を補足説明してもらうため、証拠書類の提出及び陳述の機会を設けます。[※原則公開]

 

 ③ 監査委員による監査の場合は、請求があった日から60日以内に監査を行います。

   いずれの場合も、監査結果は監査委員から請求人に通知します。

住民監査請求の手引き

  住民監査請求の手引き

監査結果

  【棄却】安八町職員措置請求監査結果通知(平成29年3月15日受理)

  【勧告】安八町職員措置請求監査結果通知(平成29年3月29日受理)

  【棄却】安八町職員措置請求監査結果通知(平成29年5月11日受理)

  【棄却】安八町職員措置請求監査結果通知(平成29年5月18日受理)

    【棄却】安八町職員措置請求監査結果通知(平成29年8月18日受理)

    【勧告】安八町職員措置請求監査結果通知(平成29年8月18日受理)

    【棄却】安八町職員措置請求監査結果通知(平成29年11月7日受理)

 

 ※請求人が公開に同意された場合、監査結果に請求人の住所・氏名を記載しています。

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【総務課】までお問い合わせ下さい