日本脳炎

平成11年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は特例対象者です

 日本脳炎第1期の標準的な接種年齢は3~4歳、第2期は9~10歳ですが、特例対象者に限り20歳を迎える前日まで接種可能です。これは平成17~21年度の間、積極的な接種が差し控えられていたためです。

 特に、平成15~18年度に生まれた方は、第1期が終わっていない場合がありますので、母子健康手帳をご確認ください。間隔があいてしまっても、必要な回数を接種することが大切ですので、気づいた時点で接種しましょう。予診票がお手元に無い方は、保健センターまでご連絡ください。

対象者 接種回数および方法 場所・持ち物
1期 3歳~7歳半未満

<初回:2回>1回目

           ↓ 6~28日あける

          2回目

           ↓ 概ね1年あける

<追加:1回>3回目

 

<場所>

町指定医療機関

 

<持ち物>

母子健康手帳、予診票

体温表(小学生まで)

 

 

特例対象者

①1期を1回も接種していない方は上記のとおり接種してください。

②1期を1回以上接種した方は、6~28日あけて不足分を接種してください。

2期 9~13歳未満

1回接種してください。(ただし、1期が全部済んでいる場合に可能)

特例対象者

1回接種してください。

1期終了後6日以上あければ接種できますが、概ね5年あけるのが理想です。

 ※かかりつけ医が町外の方は、保健センターへご相談ください。

※特例対象者以外の方は、3~7歳半未満(7歳半を迎える日の前日まで)に1期初回、追加を接種し、9~13歳未満(13歳を迎える日の前日まで)に2期を接種してください。

 

日本脳炎関連情報

 

1.厚生労働省「日本脳炎の予防接種についてのご案内」

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/annai.html

2.厚生労働省「日本脳炎ワクチン予防接種に係るQ&A」

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou21/dl/nouen_qa.pdf

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【保健センター】までお問い合わせ下さい