災害に強いまちづくりを目指して

災害発生時における安八町と安八町を管轄する郵便局との協力に関する覚書を再締結

 10月4日(金)安八町と日本郵便局株式会社墨俣郵便局長、結郵便局長、名森郵便局長との間で、それぞれ『災害時の協力に関する覚書』を再締結しました。

 これは主として郵便事業者の経営形態の変更に伴うもので、基本的には平成9年に安八町と墨俣郵便局長との間で締結した覚書を踏襲するものです。

 再締結を前に堀町長は「日頃、地域に密着してサービスを提供している郵便局職員の皆さまによる情報提供はとても重要だと考えています。よろしくお願いします」とあいさつ。

 再締結された覚書は、災害時における郵便ネットワークを活用した被災状況の広報活動や被災者情報の収集、避難所への臨時ポストの設置、災害救助法適用時における郵便貯金やかんぽ生命保険の非常払いなど、町と郵便局が相互に協力しながら円滑に遂行することを定めたもので、被災後の町民生活の安定と救援活動に大きく貢献するものと考えています。

 また、同日安八町と日本郵便局株式会社墨俣郵便局長、大垣郵便局長との間で』道路損傷等についての情報提供に関する覚書』も再締結されました。

 これからも、町民の方が安全で安心して生活できるまちづくりを推進していきます。

 

    調印式の様子【写真左】・再締結された覚書を手にする堀町長(中央)と日本郵便局㈱の皆さん【写真右】

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【企画調整課】までお問い合わせ下さい