個人の住民税 納税の方法

 納税の方法には、
  1.普通徴収(自分で納付する方法)

  2.給与からの特別徴収(毎月の給与から天引きされる方法)

  3.公的年金からの特別徴収(公的年金等の支払いの際に差し引く方法)

  の3つがあります。

普通徴収

 事業所得者、年金受給者等の方については、安八町よりお送りする納税通知書によって、通常6月、8月、10月、翌年の1月の4回の納期に分けて納めていただきます。これを普通徴収といいます。

 

給与からの特別徴収

 給与所得者の方の町県民税については、特別徴収税額通知書により、安八町から給与の支払者を通じて通知され、給与の支払者が毎月の給与支払の際にその方の給与から税金を天引きして、これを翌月の10日までに町へ納めていただくことになっています。

 これを給与からの特別徴収といい、6月から翌年5月までの12ヶ月で徴収することとなっています。

特別徴収にかかる各種申請書および届出書はこちらからダウンロードしてください。

 

公的年金等からの特別徴収

 公的年金等を受給されている方のうち当該年の4月1日において65歳に達している方で、介護保険料が公的年金等から特別徴収されており、かつ公的年金等以外の所得のない方については、公的年金等の支払者が公的年金等の支払いの際に税金を差し引いて、町に納めていただきます。

 これを公的年金等からの特別徴収といい、対象者には町より税額決定通知書(公的年金からの特別徴収用)を送付し、通知します。

徴収方法

 公的年金等からの特別徴収は、4月、6月、8月に行う仮徴収と10月、12月、翌年2月に行う本徴収の計6回で徴収されます。

 まず、仮徴収として前年度の2月に納めていただいた額と同額を4月、6月、8月に納めていただきます。当該年度の年税額が決定された後、仮徴収した税額を差し引き、残額を3等分して10月、12月、翌年2月に本徴収いたします。(当該年度の年税額が仮徴収額を下回る場合は、その差額について還付または他の町税に充当いたします。)

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【税務課】までお問い合わせ下さい