個人の住民税(町民税・県民税)について

 個人の町民税・県民税は、その年の1月1日に住んでいる市町村(安八町に住んでいない方で、安八町内に事務所、事業所または家屋敷等を有する方も課税されます。)に納める税金で、基準を超える所得があれば一律に課税されます。均等割と所得割によって構成されています。均等割は、税金を負担する能力のある方が均等の額を負担するもので、所得割は、その方の所得金額に応じて負担するものです。

税額の計算方法について

個人の住民税(町民税・県民税) = 均等割額 + 所得割額

均等割額

町民税3,500円  県民税2,500円

個人住民税が引き上げられます。

東日本大震災を教訓として実施する防災のための施策に必要な財源を確保するため、平成26年度から平成35年度までの10年間、個人住民税の均等割額に年間1,000円(町民税500円・県民税500円)が加算されます。

均等割がかからない方

○控除対象配偶者、扶養親族がいない場合

 前年の総所得金額が28万円以下の方

○控除対象配偶者、扶養親族がある場合

 前年の総所得金額が、28万円に本人、控除対象配偶者及び扶養親族の合計数を乗じて16万8千円を加えた金額以下の方

【計算の例】

 妻と子供1人が扶養親族で総所得金額が1,000,000円の場合

280,000円×3人+168,000円=1,008,000円

1,000,000円 ≦ 1,008,000円  均等割はかかりません。

所得割額

○課税所得 = 所得金額 - 所得控除額

○所得割額 = 課税所得 × 税率(10%)

        - 調整控除額 - 税額控除額 - 配当割額・株式譲渡所得割額控除額

課税所得とは

 所得金額は、一般に収入金額から必要経費を差し引くことによって算出されます。

(ただし、給与収入や公的年金等収入については、実際の必要経費ではなく、収入に応じて計算した額を経費とみなします。)

所得控除とは

 扶養すべき家族があるかどうか、病気や災害などによる出費があるかどうか等の納税者の個人的事情を考慮したもので、所得金額から差し引くことができます。

 所得割の税率

総合課税所得の税率  町民税 6%  県民税 4%

 

 所得割がかからない方

○控除対象配偶者、扶養親族がない場合

 前年の総所得金額が35万円以下の方

○控除対象配偶者、扶養親族がある場合

 前年の総所得金額が、35万円に本人、控除対象配偶者及び扶養親族の合計数を乗じて32万円を加えた金額以下の方

【計算の例】

 妻と子供1人が扶養親族で総所得金額が1,300,000円の場合

350,000円×3人+320,000円=1,370,000円

1,300,000円 ≦ 1,370,000円  所得割はかかりません。

均等割も所得割もかからない方

○生活保護法によって生活扶助を受けている方

○障がい者、未成年者、寡婦又は寡夫で、前年の合計所得金額が125万円以下の方

  ※ 給与収入では204.4万円未満の方

 

 

・所得の種類と所得金額の計算方法について

・給与所得控除額と公的年金等控除額について

・ふるさと寄附金控除について

・町民税・県民税の申告について

・特別徴収に係る様式ダウンロード

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【税務課】までお問い合わせ下さい