個人の住民税 給与所得控除額と公的年金等控除額について

給与所得控除額と公的年金等控除額について

 他の所得の場合と異なり、給与収入と年金収入については、それぞれの収入金額に応じて計算された控除額を必要経費とみなし、以下のように所得金額を算出します。

 

給与所得の速算表

給与収入金額(

給与所得金額

650,999円まで

0円

651,000円から1,618,999円まで

-650,000円

1,619,000円から1,619,999円まで

969,000円

1,620,000円から1,621,999円まで

970,000円

1,622,000円から1,623,999円まで

972,000円

1,624,000円から1,627,999円まで

974,000円

1,628,000円から1,799,999円まで

÷4=

(千円未満の端数

切り捨て)

×4×60%

1,800,000円から3,599,999円まで

×4×70%-180,000円

3,600,000円から6,599,999円まで

×4×80%-540,000円

6,600,000円から9,999,999円まで

×90%-1,200,000円

10,000,000円以上

×95%-1,700,000円

 

公的年金所得の速算表

年齢区分

公的年金等の収入金額(

公的年金等の所得金額

年齢65歳未満の方

700,000円以下

0円

700,001円から1,299,999円まで

-700,000円

1,300,000円から4,099,999円まで

×75%-375,000円

4,100,000円から7,699,999円まで

×85%-785,000円

7,700,000円以上

×95%-1,555,000円

年齢65歳以上の方

1,200,000円まで

0円

1,200,001円から3,299,999円まで

-1,200,000円

3,300,000円から4,099,999円まで

×75%-375,000円

4,100,000円から7,699,999円まで

×85%-785,000円

7,700,000円以上

×95%-1,555,000円

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【税務課】までお問い合わせ下さい