個人の住民税 所得の種類と所得金額の計算方法について

 

所得の種類と所得金額の計算方法

 基本的には収入金額から必要経費を差し引くことにより求めますが、給与収入と公的年金等収入については、計算によって得た控除額(必要経費とみなす)を差し引いて求めます。

・給与所得控除額と公的年金等控除額について

 

所得の種類

算出方法

給与所得

給与、賞与、賃金等

収入金額-給与所得控除額

雑所得

公的年金等

収入金額-公的年金等控除額

原稿料、講演料、生命保険契約に基づく年金等

総収入金額-必要経費

一時所得

生命保険契約、損害保険契約等に基づく一時金、満期返戻金等

総収入金額-必要経費-特別控除額

(課税される金額は2分の1)

配当所得

株式や出資の配当等

収入金額-株式等の元本取得のために要した負債の利子

利子所得

公債、社債、預貯金等の利子

収入金額に同じ

事業所得

事業をしている場合に生じる所得

総収入金額-必要経費

不動産所得

地代、家賃、権利金等

総収入金額-必要経費

譲渡所得

土地建物等の譲渡

収入金額-資産の取得価額等の経費-特別控除額

その他の資産の譲渡

収入金額-資産の取得価額等の経費-特別控除額

(保有期間が5年超の資産については、課税される金額は2分の1)

株式等の譲渡

収入金額-取得価額・株式等を取得するために要した負債の利子

山林所得

山林を売った場合に生じる所得

収入金額-必要経費-特別控除額

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【税務課】までお問い合わせ下さい