個人の住民税 (町民税・県民税)の申告について

 町内に住所を有する人は、原則として毎年3月15日までに町民税・県民税の申告をしなければならないこととされています。

 この申告は、町民税・県民税額を正しく算出する基礎となります。提出がされていない場合、国民健康保険料の減額、老人医療、児童手当等に必要な所得の証明が受けられません。(所得税の確定申告書を提出された人は、申告の必要はありません。)

 

申告の必要な方

  1. 1月1日現在当町に住所があり、前年度分の所得税の確定申告をしなくてもよい方で、農業や商工業を営む方、貸家、貸地などの各種所得があるとき。
  2. 給与所得者及び公的年金等受給者で給与所得または年金所得のほかに1.のような所得があるとき。
  3. 給与所得者で給与所得のほかに所得がなくても、勤め先が「給与支払報告書」を提出しないとき。
  4. 所得税の源泉徴収の適用をうけない日雇いの勤労者、または家事手伝い人であるとき。
  5. 各種所得控除の適用をうけようとするとき。
  6. 国民健康保険に加入しているとき。

申告に必要なもの

  1. 印鑑
  2. 源泉徴収票または給与明細書(収入のわかるもの)
  3. 営業、その他の事業、不動産等の収入及び経費のわかる書類や領収書等
  4. 各種領収書または証明書等

※医療費、生命保険料、損害保険料、国民健康保険料、国民年金保険料、介護保険料、障がい者手帳等

 

町民税・県民税申告フローチャートについて

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【税務課】までお問い合わせ下さい