高額医療・高額介護合算制度

医療費が高額になった世帯に介護サービス利用者がいる場合、国保と介護保険の限度額を適用後に、年間(8月~翌年7月の期間)の自己負担額を合算して下記の限度額を超えた場合は、そこ超えた分が支給されます。

 

区      分

自己負担金額の合計額

70歳未満

70~74歳

75歳以上

上位所得者(現役並み所得者)世帯

 

「総所得金額等」が

901万円を超える

 

176万円

67万円

 

 67万円

「総所得金額等」が

600万円を超え

901万円以下

135万円

一般世帯

 

「総所得金額等」が

210万円を超え

600万円以下 

67万円

56万円

 

56万円

「総所得金額等」が

210万円以下

 

63万円

住民税非課税世帯

低2

34万円

31万円

31万円

低1

19万円

19万円

※1自己負担限度額を超えた額が500円未満の場合は支給されません。

※2自己負担限度額は変更される場合があります。

※3上記の70歳未満の方の限度額は平成26年8月以降のものとなります。平成26年7月以前の限度額については、住民環境課までお問い合わせください。

 

申請方法

 

 該当と思われる世帯については、別途通知します。通知文書が届きましたら、申請用紙、印鑑、金融機関の通帳(普通口座に限る)等の必要なものをご用意いただき、役場住民環境課にて申請してください。

※次に該当される方には、申請の対象となる旨の通知ができない場合があります。

・8月から翌年7月までの間に、市町村を越えて異動された方、または、他の医療保険から国民健康保険に異動された方

 

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【住民環境課】までお問い合わせ下さい