限度額適用認定証の交付

入院することが決まった場合、「限度額適用認定証」(以下、「認定証」と言います)の交付申請をしてください。申請するには、印鑑(朱肉を押印するもの)と保険証が必要です。

なお保険料を滞納していると限度額認定は受けられません。

70歳未満の自己負担限度額(月額)

区      分 

名      称

限  度  額

一般

 

 「総所得金額等」が

210万円を超え

600万円以下

限度額適用認定証

 

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

 「総所得金額等」が

210万円以下

(住民税非課税世帯を除く)

 57,600円

上位所得者

 

 「総所得金額等」が901万円を超える

 

限度額適用認定証

 

252,600+(医療費-842,000円)×1%

 「総所得金額等」が

600万円を超え

901万円以下

167,400円+(医療費-558,000)×1%

住民税非課税世帯 

限度額適用・標準負担額減額認定証

35,400円

上位所得者…国保被保険者全員の基礎控除後の「総所得金額等」が600万円を超える世帯。所得の申告がない世帯。

 

※上記の自己負担限度額は平成27年1月以降のものとなります。平成26年12月以前の自己負担限度額については、住民環境課までお問い合わせください。

 

過去12ヵ月間に、同一世帯で高額療養費支給が4回以上あった場合、自己負担限度額は次のとおりとなります。

区      分

名      称

限  度  額

一般

 

「総所得金額等」が

210万円を超え

600万円以下

限度額適用認定証

 

44,400円

「総所得金額等」が

210万円以下

(住民税非課税世帯を除く)

44,400円

上位所得者

 

「総所得金額等」が

901万円を超える

 

限度額適用認定証

 

140,100円

「総所得金額等」が

600万円を超え

901万円以下

93,000円

住民税非課税世帯 

限度額適用・標準負担額減額認定証

24,600円

※上記の自己負担限度額は平成27年1月以降のものとなります。平成26年12月以前の自己負担限度額については、住民環境課までお問い合わせください。

 

70歳以上75歳未満の自己負担限度額(月額)

区分

名称

限度額

一般

限度額適用認定証の発行なし

44,400円

現役並み所得者分

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

住民税非課税世帯低所得者2

限度額適用・標準負担額減額認定証

24,600円

住民税非課税世帯低所得者1

限度額適用・標準負担額減額認定証

15,000円

 

現役並み所得者分…同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上の国保加入者。ただし、その該当者の収入合計が、一定額未満(一人で383万円未満、二人以上で520万円未満)であることの申請があった場合を除く。

低所得者2…同一世帯の世帯主と国保被保険者全員が住民税非課税の人。

低所得者1…低所得者2のうち、世帯員の所得が一定基準に満たない人。

☆平成24年4月1日から、高額な外来診療を受けられる場合でも、「認定証」を提示すれれば、窓口での支払いが一定の金額にとどめられます。

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【住民環境課】までお問い合わせ下さい