保険料について

平成28年度計算式 ※保険料率は毎年度見直しが行われます。

所得割

資産割

均等割

平等割

賦課限度額

対象年齢

医療給付費分

基準総所得金額×6.00%

固定資産税額×15.00%

30,000円

24,000円

54万円

被保険者全員

後期高齢者支援金分

基準総所得金額×2.50%

固定資産税額×6.00%

13,200円

10,200円

19万円

被保険者全員

介護納付金分

基準総所得金額×2.50%

16,800円

16万円

40~64歳の被保険者

 

【年度途中で異動があった場合の保険料は?】

○加入した場合  資格が発生した月から月割りで計算します。

○脱退した場合  資格がなくなった月の前月分までを月割りで計算します。

【会社都合により退職し、国保に加入した場合の保険料について】

会社の倒産や解雇、雇用期間満了など非自発的失業者となった65歳未満の人の保険料は、離職した日の翌日から翌年度末日までの間、前年所得の給与所得を30%として算定します。

該当すると思われる人は、印鑑(朱肉を使用するもの)、保険証、雇用保険受給資格者証を持参のうえ、国保担当窓口にて申請してください。

保険料を滞納すると次のような措置がとられます。

短期被保険者証(通常より有効期限の短い短期証)の発行

資格証明書の発行(自己負担割合は10割)の発行

そのほか、負担公平の見地から、財産の差押えなど滞納処分を行います。

保険料の納付が困難なときは、滞納のままにせず税務課へお早めにご相談してください。

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【住民環境課】までお問い合わせ下さい