安八町技能労務職員等の給与等の見直しに向けた取組方針

1.現状

(1) 職種ごとの人数、平均年齢、平均給与等及び民間従業員のデータ ※ 「平均給料月額」とは、19年4月1日現在における各職種ごとの職員の基本給の平均である。

※ 「平均給与月額」とは、給料月額と毎月支払われる扶養手当、地域手当、住居手当、時間外勤務手当などのすべての諸手当の額を合計したものであり、地方公務員給与実態調査において明らかにされているものである。

また、「平均給与月額(国ベース)」は、国家公務員の平均給与月額には時間外勤務手当、特殊勤務手当等の手当が含まれていないことから、比較のため国家公務員と同じベースで再計算したものである。

※ 民間データは、賃金構造基本統計調査において公表されているデータを使用している。(平成16~18年の3ヶ年平均)

※ 技能労務職の職種と民間の職種等の比較にあたり、年齢、業務内容、雇用形態等の点において完全に一致しているものではない。

(2) 年齢別職員数 (3)その他給与に関する事項

ア 給料表 行政職給料表(二)適用

イ 技能労務職員に係る特殊勤務手当 ウ 昇格基準 一般職員の例により、毎年1月1日に前1年間における勤務成績に応じ、4号給(55歳を超える場合は2号給)を基準として昇給する。

2.基本的な考え方

全職種において退職者不補充とし、必要に応じて臨時的任用職員制度を効果的に活用する。

給与面については、民間における同種の職種に従事する者との均衡に留意しつつ、国、県、近隣市町の職員の給与を参考にしながら、適宜、給与の適正化に努める。

3.具体的な取り組み内容

平成17年度に技能労務職員に係る特殊勤務手当である自動車運転手当、安八温泉勤務手当の見直し、廃止を行なった。

今後は、国、県、近隣市町の動向を注視しながら、適宜、給与の適正化に努める。

4.その他

技能労務職員については、今後も退職者不補充を基本とし、業務の見直し等を進め、可能な業務に関して、民間委託を検討していく。

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【総務課】までお問い合わせ下さい