風水害対策

気象条件は命綱
家の内外の風水害対策
風の強さと被害の程度
雨量の見方
洪水時の避難方法
落雷時の避難方法

 

気象情報は命綱

台風や集中豪雨の時、最もたよりになるのは気象情報。

河川の氾濫やがけ崩れはどは一気に押しよせてきます。

聞きもらしのないよう、充分な注意を心がけましょう。

気象情報は命綱

家の内外の風水害対策

・雨どいに土や落葉が詰まって、排水が悪くなっていないかを点検する。

・テレビアンテナに支線を張るなどして補強する。

・電線がたるんでいたり、木の枝が触れていないかを点検する。

・煙突の支持補強や屋根のトタンに破損個所がないかチェックする。

・物干し竿や植木鉢などは、飛ばされないように屋内に入れる。

・庭木の枝が折れかかっていないか、倒れる心配はないかどうか点検する。

・雨戸のない窓やガラス戸に、板などを打ちつけて、飛来物による破損を防ぐ。

・近所と協力して、排水溝などの整備・点検をしておく。

・外出は控え、家族揃って気象情報に注意する。

・床上浸水に備え家財道具や貴重品を、2階などに移動する。

・緊急避難に備えて、非常持ち出し品の点検をする。

・停電にそなえて、電池の予備の補充や携帯ラジオ、懐中電灯の準備をする。

・水の貯めおきや、緊急食品のスットクなどの用意は万全か確認する。

・納屋や物置に、ガソリンや農薬など、流出の危険があるものが置いていないか確認する。

風の強さと被害の程度

風の強さと被害の程度

雨量の見方

洪水時の避難方法

洪水時の避難方法

落雷時の避難方法

落雷時の避難方法

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【総務課】までお問い合わせ下さい