高齢者福祉

地域包括支援センター

65歳以上の高齢者の介護や介護予防、健康づくり、権利擁護に関することなど、住み慣れた地域で自分らしく暮らすために、必要な情報やサービス関係機関を紹介したり、支援をする窓口です。

 

フレイル予防体操を紹介します

2月1日は「フレイルの日」です。

コロナウイルス感染症の感染拡大により自粛生活が続いています。

自粛生活による閉じこもりがちな生活が続くと、フレイル(虚弱)の危険が高まると言われています。

このたびフレイル予防を目的に「フレイル予防体操」を作成しました。

誰でも出来る簡単な運動ですので、皆さんぜひ取り組みましょう。

コチラをクリックしてください。

 

シニアのためのおうち時間を楽しく健康にすごす知恵「おうちえ」を紹介します

「おうち時間」とも言われる今の暮らしの中で、私たちは何ができるでしょうか。

東京大学高齢社会総合研究機構が製作した「おうちえ」には、おうち時間を楽しく健康に過ごす知恵が満載です。高齢者のみなさん、ご家族、周囲の方たちと一緒に「いまできること」を考えていきましょう。

「おうちえ」 (東京大学高齢社会総合研究機構ホームページ)

http://www.iog.u-tokyo.ac.jp/?p=4844

介護保険の申請受付

介護保険は、介護が必要な方や家族の負担を社会全体で支える制度です。介護サービスを利用するには、介護認定を受ける必要があります。申請時には介護保険被保険者証と印鑑をご持参ください。

訪問給食サービス

65歳以上のひとり暮らしや高齢者のみの世帯などに配達します。

ホームヘルパーの派遣

高齢者が、日常生活を営むのに支障がある家庭に対し、ホームヘルパーを派遣し、日常生活の世話を行うサービスです。

寝具洗濯サービス

65歳以上のひとり暮らしや高齢者のみの世帯、要介護者、重度心身障がい者に対して、寝具洗濯サービスをします。

紙おむつ購入助成

在宅の介護認定を受けている方又は重度心身障がいのある方で、常時紙おむつを必要とする方に対して、購入費の一部を助成します。

いきいき住宅改善助成事業(高齢者及び障がい者)

在宅の要介護老人や重度の身体障がい者と同居する方に対し、住宅改善が必要と認められた方に経費の一部を助成します。(所得制限があります)

生活環境料金助成(水道基本料金・下水道基本使用料助成)

ひとり暮らしの高齢者世帯の生活と福祉増進を図るために、生活環境料金(水道基本料金・下水道基本使用料助成)を助成します。(所得制限があります)

家族介護慰労金の支給

在宅において、重度の要介護状態にある方を介護される家族に対し、日頃の労をねぎらうために慰労金を支給します。

緊急通報電話の設置

65歳以上のひとり暮らしの世帯などを対象に、急病など万一の場合、受話器を持たずに消防署と緊急連絡がとれる緊急通報装置を無料でお貸しします。

こちらのページに関するお問い合わせは安八町役場【福祉課】までお問い合わせ下さい

Translate »